NICOSの分離型カード「ETC Plus」

今回はNICOSの分離型ETC専用カード、ETC Plusについて見ていきたいと思います。

ETC Plusは、先日紹介したクレジット一体型のNICOSロードネットETCカードとは異なり、クレジットカードとは別に発行してもらう分離型のETC専用カードで、各種NICOSカードを持っている人が申し込み可能です。

したがって、ETC Plusを作るにはNICOSが発行しているカードを作る必要がありますが、通常のNICOSカードなら年会費は1,312円(国内専用カードは525円)です。

また、よく自動車を運転する人向けのカードとして、NICOSドライバーズエッジというのがあります。NICOSドライバーズエッジは、ロードネットETCカードと同様のロードアシスタンスサービスが付いています。年会費はロードネットETCカードと同様1,575円で、ETC Plusカードは年会費無料なので、ロードアシスタンスサービスが欲しいけど、クレジット分離型の方が良いという人はドライバーズエッジ+ETC Plusの方が良いでしょう。ただしドライバーズエッジは決済用ICチップは付いていません。

他にも、携帯電話の通信料をカードで支払うと利用料金に応じてキャッシュバックされるNICOSケータイカード(初年度年会費無料)などもあります。携帯電話をよく使うという人はNICOSケータイカード+ETC Plusでもよいかもしれません。

その他、NICOSのラインナップには、NICOS Jリーグオフィシャルカードや、NICOSカード‘オードリー・ヘプバーン’なんていうのもあります(いずれも初年度年会費無料)。

NICOSカードは、付帯する保険が充実していて、一部のカードを除いて、海外旅行傷害保険も自動的に付きます(三井住友カードなどは渡航費用等をカード決済した場合のみ付帯)し、カードで購入した商品の破損・盗難を補償するショッピングパートナー保険は国内で購入した商品にも適用されます(JCBなどは海外利用時のみ)。海外旅行をよくする人や、比較的高額商品をカードで買うことが多い人には、万が一に強いという点で、メインのカードとしてもNICOSはおすすめと言えると思います。

posted by ETCカードの選び方 at 04:47 | TrackBack(3) | クレジット分離型
この記事へのTrackBack URL


ニコスカード
Excerpt: 久しぶりに新しいクレジットカードをつくりたくなった。 クレジットカードは、現金...
Weblog: celadon porcelain
Tracked: 2005-07-03 20:14

オードリー・ヘプバーンカード
Excerpt: 今回のコレクションは、NICOSカードのオードリー・ヘプバーン。 本当に綺麗で憧れますね~。しかも、カードは3種類から選べるんです。 下の画像は、その中でも1番のお気に入り「ローマの休日」です。 ..
Weblog: hinakoのクレジットカードコレクション
Tracked: 2006-03-26 21:35

ガソリン代を安くするクレジットカード比較・対決
Excerpt: 年会費無料でガソリン代がお得♪ ガソリンが横浜・川崎あたりではレギュラー128円といったところです。(2006年3月8日現在) また、高くなってまいりました。 そこで、今回は「ガソリン代を..
Weblog: ランキング比較.jugem.jp
Tracked: 2006-04-12 17:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。